巻き爪を治す方法はいろいろとむずかしいのではないでしょうか

巻き爪を治す方法はいろいろとむずかしいのではないでしょうか?具体的に治す方法を紹介。
MENU

巻き爪を治す方法はいろいろとむずかしいのではないでしょうか

・そもそも、何が原因で巻き爪になるのか?

巻き爪の原因は5つあります。

  • 1つ目は遺伝です。
  • 2つ目は加齢によるものです。
  • 3つ目は爪の切り方が悪く、それによって巻き爪ではなかったのに巻き爪になってしまったこと
  • 4つ目は履いている靴の形が足に合わず、圧迫などで巻き爪になってしまったこと
  • 5つ目は運動やスポーツが原因で引き起こされたこと

 

というケースが多いです。

 

遺伝に関しては、巻き爪そのものが遺伝するのではなく「巻き爪になりやすい質の爪」になりやすいという意味です。
両親のどちらかが巻き爪であったら、子供も巻き爪になりやすいそうです。

 

2の場合は、加齢によって厚くなった爪は爪全体に水分が行き渡りにくくなりって爪が硬くなってしまいます。
また、爪は乾燥すると縮んでしまうため下の下層の柔らかい部分とともに巻いてしまうのです。

 

3は爪の切り方に原因があり、なかでも深爪は爪の食い込みを加速させてしまいそれから巻き爪になっていくというものです。
足の爪を切るときに理想的な長さが先端の指の肉くらいまでの長さです。
そのとき、爪の両端は四角くしておくのが巻き爪を回避するポイントです。
短すぎたり、両端を丸く切ってしまうと爪の食い込みの原因になってしまうので注意しましょう。

 

4は足型に合っていない靴によって引き起こされる巻き爪です。
女性の場合はパンプスやヒールなどの足先が狭い靴、男性だと先のとがった革靴やサイズが合っていない靴が原因です。
この場合は巻き爪になるだけではなく、外反母趾の原因にもなってしまうので注意が必要です。

 

オーダーメイドの靴や、夏場ならサンダルなど爪になるべく負担のかからないものを選ぶことが大切です。

 

5の運動、スポーツは
つま先に負担のかかる運動やスポーツをしている人は注意が必要です。
例えばダンスやサッカー、バレーボールなどです。
靴の中に入れる緩衝材がスポーツショップで販売されているので、それを使うだけでもある程度の予防は可能です。

このページの先頭へ